よくある質問

労災互助会の工事補償制度について労災上積み補償制度について第三者賠償補償制度について
建築・土木・組立工事補償制度について日本商工会議所の業務災害補償制度について

労災互助会の工事補償制度について

  • 労災互助会とはどんな団体ですか?
  • 内閣府認可の社団法人です。経営規模等評価申請の手引きに掲載された団体です。
  • 年会費はいくらですか?
  • 賛助会員で年間2,400円です。入会金は不要です。
  • 保険料の計算基準は何ですか?
  • 直近の決算の完成工事高(税込)で計算します。
  • 保険料は安くても、事故対応が弱いのでは?
  • 事故対応は損保ジャパン日本興亜が対応します。通常の保険と違いはありません。

▲ページ上部へ

労災上積み補償制度について

  • 労災上積み補償制度について教えてください。
  • 政府労災への加入が前提で、その上積み補償です。政府労災は労働基準法上の責任など一部をカバーするだけで、民事上の責任をすべてカバーするわけではありません。政府労災での不足分を補償する上積み補償制度をおすすめします。
  • 経審で加点されますか?
  • 所定の条件を満たすことで、15点加点となります。

▲ページ上部へ

第三者賠償補償制度について

  • 第三者賠償補償制度の特長は?
  • 基本補償で
    ①作業対象物の賠償事故を補償
    ②自走可能なリース・レンタルした建設用工作車の破損事故を補償
    また、工事遂行中はもちろん工事完了引渡後の賠償事故を補償します。これらは一般の保険では特約扱いで別途保険料がかかります。
  • 下請けが起こした事故でも補償してくれますか?
  • 加入者はもちろん数次の下請けまで対象となります。
  • オプション補償にはどんなものがありますか?
  • 地盤崩壊危険担保特約やワイド補償特約があります。
    ワイド補償特約の主な内容は以下のとおりです。
    ①生産物自体・仕事の目的物自体の補償
    ②工事遅延損害の補償  など
  • 賠償事故の自己負担額はありますか?
  • 1事故につき10万円以下の損害は自己負担額(=免責)となりますが、10万円を1円でも超える場合は自己負担額なしで全額補償されます。

▲ページ上部へ

建築・土木・組立工事補償制度について

  • 建築・土木・組立工事補償制度の特長は?
  • 工事期間中に工事現場での工事対象物に生じた事故を補償する内容です。台風・水災はもちろん、盗難、作業ミスによる人的災害も補償します。

▲ページ上部へ

日本商工会議所の業務災害補償制度について

  • 補償内容は?
  • ①労働災害補償(役員、従業員、下請負人等のケガを補償)
    ②使用者賠償補償(使用者が負担する法律上の損害賠償責任を補償)
  • 政府労災の認定がないと保険金は出ませんか?
  • 労災の認定を待たずに保険金は受け取れます。(労働災害補償(傷害総合保険)部分)
  • 経審で加点されますか?
  • 所定の条件を満たすことで、15点加点となります。
  • 保険金を会社受け取りにできますか?
  • はい、できます。

 

このご案内は概要を説明したものです。
詳しい内容につきましては、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。

 

▲ページ上部へ